2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年12月

2015年12月 6日 (日)

バッハの奏法2

バッハの奏法・・ピアニストにとって永遠の課題。

なぜなら自分が進化し続ければそれと同じように奏法も進化し続けるから。

1つ1つのタッチの可能性もスタカートからレガートまで無限の段階があり、どの曲のどの場所でどのアーティキュレーションを選択するのかは経験と練習とによって自分の中で変化を遂げてゆく。

バッハのピアノ曲のアーティキュレーションにはいくつかの原則があって(小節を越えてはつながない・音の長さの短いものから長いものへはつながない・など)現代と同じピアノはまだ存在しなかったこの時代、平均律クラヴィーア曲集のタイトルにもあるKlavier(クラヴィーア)とは3つの楽器の総称であった。すなわち、クラヴィコード・チェンバロ・パイプオルガン。1つ1つの曲はこの3つの中のどれかで弾くことをイメージして作られているので、それをイメージするところから練習は始まる。

また形式に目を向けると、現代では廃れてしまっているような形式・・フランス風序曲、さまざまな舞曲・・がタイトルに何も書いてなくても織り込まれているのでそれを判別しつつ個々の作品と向かい合うのは、知識と経験による実験の飽くなき繰り返しと言っても過言ではない。

それが徒労でないのは、バッハの音楽の持つ深い感情を知る歓びがあるからであり・・たとえばマタイ受難曲の冒頭のコラールなど歳を重ねるごとに涙なしでは聴けない・・時代を超えた作品が演奏できることに感謝と畏敬の念を覚えつつ練習あるのみの毎日です。Bach


Bach2

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »