2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

« 神戸町教室でピアノ講師の先生を募集しています | トップページ | ようこそS6B »

2017年9月24日 (日)

さよならC7

ほぼ40年使った愛器YAMAHAのC7

C7


2014年にはオーバーホールもしたのですがやはり音色の衰え・雑音が気になり又悲しい出来事も重なり・・Kekkonn_2


調律師の方が切れた弦を張り替える時に手を怪我され鍵盤の木の部分や次高音の弦、響板に血痕が残るという事故が起き、しかもその事をおっしゃらずに帰ってしまわれってしまわれその後それを発見した時の悲しみ、怒り・・どう表現したらいいんでしょう


1ヶ月くらいずっと鬱な気持ちで過ごしました。けれど前に進まなければ!と弁護士さんに相談し示談しました。考えてみればオーバーホールの後異常に弦が切れるようになりやはりもう限界かなと、新しいピアノを買うことに決めました。調律師さんも長年のお付き合いある方でしたが信頼関係が壊れてしまったので悲しいですけれど別の方にお願いすることにしました。

 

私のC7は引き取られていき、又それはそれでたとえ限界と分かっていても友達を失くしたような虚脱感でした


名古屋伏見のYAMAHAで出会ったブリリアントなS6B・・大事にしようと思います。

« 神戸町教室でピアノ講師の先生を募集しています | トップページ | ようこそS6B »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597346/65830827

この記事へのトラックバック一覧です: さよならC7:

« 神戸町教室でピアノ講師の先生を募集しています | トップページ | ようこそS6B »