2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 寛(くつろ)ぐ | トップページ | 再現芸術か再生音楽か »

2017年5月12日 (金)

「ピアノが好き」から「ピアノに夢中」へ

フリューゲルピアノ教室を開講して25年が過ぎましたが、ここ2,3年進学・進級以外の理由で辞めるお子さんは激減しています。そして「ピアノが好き」と入会されたお子さんは「ピアノに夢中」なお子さんへと変化を遂げます。
なぜだろうか?と考えました。

①グループレッスンの存在・・最初使う教本はイギリスのショット社のもので、弾きやすいポジションの使いやすい指使いから始まるのでそれをみっちりやります。その分好きな曲を弾く自由は少ないので、グループレッスンではよく知った曲(アニメの曲やJポップス)を取り入れて楽しくレッスンします。この2本立てがうまく作用していると思います。

②ツボを見つける・・お子さんの興味があるもの、好きな曲の傾向、などなど、いつもアンテナを張り巡らして見つけています。当教室にはお母様とPCのメールでやりとりするシステムがあり、お母様からも情報を頂きます(「今こんなことに興味があります」「こんな曲を弾きたがっています」など)そしてその子の心に響く言い方を選んでレッスンしています。

③子どもから引き出す・・元々お子さんには「何かができるようになるとうれしい」本能があるように思います。「楽譜が読めるとうれしい」「両手で弾けるとうれしい」「知っている曲が弾けるとうれしい」など。それをその子に合ったやり方でうまく引き出してあげることができればピアノが生涯の友となるところまで自然といきつきます。

2017510

« 寛(くつろ)ぐ | トップページ | 再現芸術か再生音楽か »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597346/65270933

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピアノが好き」から「ピアノに夢中」へ:

« 寛(くつろ)ぐ | トップページ | 再現芸術か再生音楽か »