« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月20日 (水)

さぁ夏の発表会!

8月21日のピアノ発表会まであと1か月!!

年中さんから高校生までのお子さんたちが今がんばっています。

今年は小学校低学年のお子さんたちがモーツァルトのロンドやメヌエットを選んでくれて、アーティキュレーション(音の切り方)の難しさに参りながら努力を重ねています。

そしてギロック(アメリカの現代作曲家)の人気は不動ですねnotes「ガラスのくつ」や「教会の鐘」「雨の日のふんすい」など女の子の好きな曲がずらりと並びます。

中高生の子たちは久石譲やらコブクロやらドビュッシー、ショパン・・いろいろです。

わたしの夏休みは発表会が終わるまでお預けですが・・海いきたいなぁ~heart04

Photo_2

2016年7月16日 (土)

プレトニョフin豊田

7月9日ミハイル・プレトニョフのコンサートに豊田市へ行って来ました。

プレトニョフのリサイタルはバッハ、グリーグ、モーツァルトで、休憩抜きでほぼ2時間の長〜いプログラム舞台へは足取り重く出てこられましたが尻上がりに調子が出てきて、アンコールはリスト「愛の夢第3番」「小人の踊り」
Photo
Shigeru Kawaiのまろやかな響きを堪能しました
Yamahaに慣れているとKawaiはなかなか扱いが難しく感じます。ちょっとBösendorferに似たタッチ・でも調律師さんによりいろいろ可能性は変わると思いますが・・
グリーグのピアノソナタは彼のCDも持っていますし自分も弾くので興味深く聴きました。全般に、構成や流れというよりは響きに重きが置かれ、プレトニョフ--ワールドの住人になった感じです独特の、多用される弱音と軽めのタッチ。リストで聴こえてきたブリリアントな音。音といえばアルゲリッチの音とこのプレトニョフの音が私にとっての理想の音かなぁ〜CDで聴くプレトニョフのシューマン「交響的練習曲」非の打ち所なく素晴らしいです
Photo_2
後半モーツァルトのソナタ3つ(KV311・457・533)はさすがに長かったのですが、豊田市コンサートホールの響きも非常によかったので疲れ知らずの2時間でした。開演前には抜け目なくカフェでトロピカルフルーツタルトとアイスコーヒーをば
Photo_3

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »